借用書がない借金

借金があったことを証明する書類が借用書です。
借金において借用書はとても重要な意味を持つ書類であり、
たとえ個人間の少額の貸し借りであったとしても、トラブル防止のためには借用書を作成しておいた方が賢明です。借用書を作成しておくことでできるようになることも色々ありますから、面倒がらずにきちんと書類を作っておきましょう。今回は、借用書の書き方と作成しておくとできるようになることを紹介します。

 

借用書がない借金?

借用書の作成に必要な記載内容は以下の通りです。借用書であることを証明するタイトル、貸主・借主双方の氏名、借金の金額と化したことを示す条文、借用書を作成した日時、手書きの署名と住所、印鑑、とこれだけの記載があれば、基本的な借用書が作成できます。利息の取り決めがある時は、利率と利息の計算方法も記載しておきましょう。連帯保証人など保証人を設定しているときは、保証人の氏名と住所も忘れずに記入してください。

 

借用書がない借金

更に具体的な記載を追加すると、何かトラブルが発生した時にスムーズに対応できます。返済が遅れたときの延滞金の取り決めや損害賠償の取り扱いなどは、万一返済の遅れが発生した時に貸主側が速やかに対応できるようにしておくには必要な記載内容です。
これだけの事柄を記載した書類に金額に応じた印紙を貼れば、法的な効力が認められる借用書が完成します。

 

支払督促の場合は弁護士に相談しましょう!

知らなきゃ損!賢い借金整理法!

借金問題に強い専門の弁護士に依頼することで
賢くスピーディに解決に導いてくれます

その前に!減額出来るのかチェック!
匿名でかんたん無料診断する!

⇒無料シミュレーターはこちらから


優秀な弁護士を見抜くには!

早期解決しようとしてくれる
豊富な実績がある
ヒミツを厳守してくれる

優秀な「借金に強い、弁護士」


⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ