債務整理を行おう

とても返済することができない借金を抱えてしまっても、
債務整理を行うことで、
借金が減額されたりすべて免除されることがあります。

 

債務整理

任意整理や自己破産、個人再生などの手続きがあります。

任意整理では

利息制限法に基づいて再計算を行い、払いすぎた利息分があれば戻ってきます。
借金の減額と将来利息のカット、3年から5年の分割返済を認めてもらえます。

個人再生では

借金が5分の1程度まで大幅に減額されたうえで、
3年での分割返済または5年までの長期分割弁済が認められ、マイホームは手放さなくて済みます。

 

返済を継続できる収入

任意整理も個人再生も返済を継続できる収入が見込めないといけません。
借金がすべて免責となる自己破産は、返済を継続できる収入が見込めない方、これといった財産も貯金もない方、
任意整理や個人再生で借金が減額されても3年から5年で返済できない借金額になってしまった方に選ばれます。

 

ギャンブルなどの場合

ギャンブルや浪費など免責不許可事由という項目に該当されていると、自己破産が認められないことがあります。

借金をした本人が反省しているかどうか
更生する気があるかどうか

裁判所が総合的な判断で裁量で免責許可となる場合が多いです。

 

自己破産が認められるかどうか、分からないときは
専門家である弁護士や司法書士に相談してください。

 

特にギャンブルの場合は裁判所も厳しくなるので
有能な弁護士がお勧めです。

知らなきゃ損!賢い借金整理法!

借金問題に強い専門の弁護士に依頼することで
賢くスピーディに解決に導いてくれます

その前に!減額出来るのかチェック!
匿名でかんたん無料診断する!

⇒無料シミュレーターはこちらから


優秀な弁護士を見抜くには!

早期解決しようとしてくれる
豊富な実績がある
ヒミツを厳守してくれる

優秀な「借金に強い、弁護士」


⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ