親の借金で連帯保証人になった場合

親に借金があって亡くなった場合、相続放棄すると財産も相続できませんが借金も相続しなくてすみます。しかし相続放棄するには相続が発生してから3ヶ月以内に放棄する事を申請しなければいけません。その期間が過ぎると自動的に相続するとみなされます。

 

親の借金は相続放棄するべき?

借金があらかじめあるとわかっていれば相続放棄するのが一番です。しかし相続放棄すると他の親族に相続が発生するので、相続人全員が相続放棄の手続きをとる必要があります。

 

また知らないうちに親が連帯保証人になっていたりすると、借金があるかどうかわからない場合があります。ある日突然多額の借金があると知らされる事があるのです。親が事業などをしている場合、家族が知らない借金があるというのはよくあるケースです。相続が発生して3ヶ月以上たってこのことを知らされると、もう相続放棄できません。

 

親の借金で連帯保証人になったら…

自分で作った借金ではありませんが、返済義務が生じます。このような場合も弁護士に依頼して債務整理をすると借金の額を減らす事ができるので、返済するのが楽になります。親の借金といっても、そのために苦労する事はありません。
またあらかじめ借金があることがわかっている場合、親に債務整理をしてもらって借金をなくしておくのも良い方法です。

 

知らなきゃ損!賢い借金整理法!

借金問題に強い専門の弁護士に依頼することで
賢くスピーディに解決に導いてくれます

その前に!減額出来るのかチェック!
匿名でかんたん無料診断する!

⇒無料シミュレーターはこちらから


優秀な弁護士を見抜くには!

早期解決しようとしてくれる
豊富な実績がある
ヒミツを厳守してくれる

優秀な「借金に強い、弁護士」


⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ