借金の踏み倒しについて、結論から先に述べさせていただければ、借金の踏み倒し、それは可能です。借金に時効が、あり、その期間は10年とされています。つまり10年間逃げ続ければ、踏み倒しは可能、となります。

 

  1. 時効になっているか調べる
  2. 時効援用通知を郵便で出す(内容証明)

 

しかし現実はそう甘くはありません。債権者だって貸した金を返してもらうのに躍起になりますし、夜逃げをしたってすぐ足がついてしまうのが現実です。それに債権者側には時効の停止を裁判所に申請すれば、その期間は10年ではなく、半永久的に債権がなくならないと言う事だって十分に考えられます。
つまり返さずに逃げ続けるのか、どんな形でもきちんとした対応をとるのか、どっちが賢明か、と言う事です。
債権者は何年経っても回収の為に追いかけ来ると言っても捕まえて監禁したり暴力を振るったりは決してありません。そんな事シタラ債権者側の会社の存続問題にもなりかねませんから。
お金を返せなくなったらまずは弁護士に相談しましょう、逃げたところで何の解決にもなりません。弁護士に相談して、今後きちんと支払いを前提としての債務整理を行うのかもしそれが出来ないのなら自己破産を検討するとか、解決策はいくらでもあるのです。返さないのでなく返せないなら逃げずに必ず相談しましょう。

知らなきゃ損!賢い借金整理法!

借金問題に強い専門の弁護士に依頼することで
賢くスピーディに解決に導いてくれます

その前に!減額出来るのかチェック!
匿名でかんたん無料診断する!

⇒無料シミュレーターはこちらから


優秀な弁護士を見抜くには!

早期解決しようとしてくれる
豊富な実績がある
ヒミツを厳守してくれる

優秀な「借金に強い、弁護士」


⇒無料相談が出来る弁護士事務所まとめ